平屋についての情報がいっぱい!

これから家を新築しようと検討している方がいるかと思います。家は資産にもなりますし、プライバシーをしっかり確保できるなどメリットが多いため、賢明な選択だと評価できます。ただ、そこまでお金をかけることができない方が少なくないはずです。そういう方には平屋がおすすめです。階段を昇り降りするのは結構大変であるため、老後のことを考えてもメリットが大いにあります。そこで、特徴や費用相場などに関して見ていきます。

平屋を新築するのにかかる費用相場とは。2階建てより安い?

平屋を新築するのにかかる費用相場とは。2階建てより安い? 平屋を新築する場合の費用相場は、1000万円から1500万円になります。2階建ての場合は3000万円から4000万円くらいなので、安く抑えたい方にピッタリです。ハウスメーカーか地元の工務店で変わりますし、グレードを高くすれば3000万円くらいかかるケースもあるので、一般的な平屋の相場として考えてください。 台風や地震に強くて耐久性があることや階段がないので生活がしやすい特徴があります。ただ、平屋は水害に弱いので注意が必要です。水害に弱いことを考えると、海の近くではおすすめできません。東日本大震災のようなこともあるため、建てる場所もしっかり考えることが求められます。土地が安いからという安易な理由で決めるのはダメです。

平屋は新築でも比較的安い料金で購入できる

平屋は新築でも比較的安い料金で購入できる 中古ではなく新築の住宅を購入する場合は、高額な費用が発生するので簡単に購入することはできません。しかし平屋であれば新築でも安い料金で購入することができますから、幅広い層の人が購入を検討することができます。平屋は安いだけでなくメリットがたくさんあり、建物の構造が2階建ての住宅よりも安定しているので耐震性に優れている魅力があります。日本は地震大国でもありますから、地震に強い住宅を手に入れることは資産を効率的に残せることに繋がる筈です。 平屋はシンプルな構造になっていますから、将来的に外壁塗装などのメンテナンスをするときの費用も抑えることができます。住宅は購入時だけでなく定期的にメンテナンスをする費用が必要になるので、ランニングコストを抑えられるのは強みです。安い平屋の新築を手に入れるにはコツがあり、床面積を広げ過ぎないようにするのが大切になります。 平屋には2階が存在しないので、2階建て住宅レベルの床面積を求めてしまうと価格が高くなる可能性が高いです。そのため収納の機能を高めたコンパクトなスタイルにするのが大切であり、その点を守れば住みやすくてコストパフォーマンスに優れた住宅を手に入れることができます。

平屋住宅は引っ越しがはかどりやすい構造です

地震に強く、足の悪い人でも過ごしやすいのが平屋の魅力です。広い土地があるならば、採光と風通しについても悩む必要はないでしょう。
他にも住み始めに感じるメリットがあります。それは引っ越しが捗ることです。引っ越しが容易な物件はいくつか特徴があります。代表的なものとしては、トラックから台車に荷物を載せて運搬ししやすいこと、荷物を入れられるドアや窓が多いこと、階段や狭い通路が少ないことが挙げられます。
この中でほとんど平屋は2番目と3番目の特徴に該当します。多くの場合、庭側の窓からも荷物を搬入することができ、作業人数が多ければ2倍のスピードで進みます。さらに階段がないからボトルネックとなるポイントも少ないです。バリアフリーの物件であれば、大型の家電や家具は内部で台車を使うこともできます。もちろん床が傷つかないようにプラスチック製の板で養生するから安心です。このように平屋は搬出入をスピーディーにできる点が隠れたメリットです。

趣味や好みを大切にして平屋を建てることができる

平屋を建てることのメリットは、間取りを自由に決められることです。建売住宅のようにある程度決められている範囲ではなく、自分たちの理想としている暮らしのための間取りを作ることができます。高齢者のためにできるだけ段差の少ない家にすることや、趣味の部屋を作って楽しむことなども可能です。仲間と気軽に交流できるような開港口などをはじめ、オープンな感覚の住まいにすることもできます。
理想としている住まいのイメージが漠然としていてもあるなら、建築業者に相談してみることが必要です。打ち合わせで業者側の意見ばかりをうのみにするのではなく、自分たちが住みたい家に対しての責任を取ることが大切となります。快適な住まいにしたいと考えているなら、広さや材質、間取りなどを徹底的に話し合い、納得できる住まいにすることが必要です。効率よく話し合うためには、平屋を特集している雑誌のスクリーンショットなどを用いて話し合うと、より効果的といえます。

平屋には安全に感じることや便利な作業ができるメリットがあります

平屋住宅は国内では贅沢な住宅と考えられることが多く、土地面積の広さによって実現できる住宅が該当しています。国内では自然災害が多発してしまう現状があることで、平屋住宅では2階部分が無いことにより、大地震でも耐えられる住宅に仕上げることは比較的簡単です。
2階が無いことで倒壊した際に押し潰されてしまうリスクを無くせる他、台風や雷の被害からも強い住宅にすることができます。結果的に自然災害には安全対策を十分に施せることにメリットを感じることができますが、実際には他の部分でもメリットに感じる内容もあります。まずは屋根塗装や外壁塗装を施す場合、通常は2階まで届くように足場を設置しますが、平屋住宅の場合はDIYでも十分に作業ができる他に、専門会社に依頼をしたとしても経費を安くできる可能性があります。内装面でも全てのフロアが1面になることで、リフォームをするには手間が掛からないことが多く、購入時には高額になったとしても長く住んでいると家に掛かるコストを安くできることも魅力的ではないでしょうか。

バリアフリーがいいなら平屋にするのがおすすめです

平屋は2階建てや3階建てと比べて、バリアフリーにしやすいことが魅力です。障害を持つ人や高齢者にとって、室内の段差は大敵です。気をつけていても歩くのが難しく、転ぶと骨折などのリスクがあります。
そのようなハンデがあっても生活しやすいのがバリアフリーですが、どの住宅もこれにするのは簡単ではありません。まず玄関までが階段だと、車椅子の人が入れません。緩やかなスロープにするのが理想的です。玄関をはじめとするドアは開閉が楽な引き戸がいいでしょう。各部屋の境目も極力段差をなくし、車椅子でも楽に移動できるようにする必要があります。これが容易なのはもちろん平屋であり、2階建て以上になるとエレベーターを設置する必要に迫られます。初期費用やメンテナンス費用を考えると、ほとんどの家庭では導入できないでしょう。それを考えると構造を平屋にしていしまうのが、簡単な解決策です。I字型以外にもL字型やコの字型などがあり、採光や風通しのいいものが選べます。

田舎によくある平屋ならではの特徴と魅力とは

田舎でよく見かける平屋にはどのような特徴や魅力があるのか、と思っている人も多いのではないでしょうか。
平屋は昔ながらの日本家屋に多いスタイルの住宅ですが、近年再び注目を集めていて建てる人が増えています。居住空間は1階のみで、地下や2階以上の部屋はないのが特徴です。そのためバリアフリー化しやすく、高齢の方でも住みやすいというメリットがあります。また1階のみで生活をするので、屋外に出やすいのも魅力の1つです。そのような平屋が田舎によくある理由には、建てるために広い敷地が必要になるということが挙げられます。同じ広さの家を建てようとすると、当然のことながら2階建て住宅よりも広い土地が必要です。用途地域が定められている土地では、建てられる広さが限られてしまいますので希望に合う広さの家が建てられないことがあります。このようなことから一般的に都会では広い土地を手に入れるのが難しいため、地方の地域よりも郊外に建てられることが多いのです。

平屋に住む家族の生命や財産を安全に守るための防犯対策

生活空間がワンフロアに収まる平屋は、高齢者やシンプルな生活を目指す人々から大人気です。近年では新築時にあえて平屋を選ぶ人も増えていて、これから購入したり建てる人もいるでしょう。
しかし平屋に住むなら、気を付けておきたいのは防犯対策です。2階建ての住宅よりも空き巣から侵入されやすく、また土地も広いため生活スタイルを把握されやすいです。プライバシー保護のため生垣などで目隠しをすると、かえって空き巣に侵入されやすくなる問題点もあります。
平屋の防犯対策を完璧にするためには、まずは窓から考えましょう。防犯ガラスにしたり防犯フィルムを張ったり、面格子にして補助鍵を付けると窓からの侵入を防げます。
窓以外からの侵入を防ぐためには、庭に人の動きで反応するセンサーライトを設置したり、防犯砂利を敷いておくのも有効です。
完璧に防ぐベストな方法はホームセキュリティですが、自分でできるちょっとしたことだけでも犯罪は防げます。

室内が明るい平屋を作るためにできる日当たりの確保方法

平屋は2階以上の戸建て住宅より日当たりを確保しにくく、室内が暗くなりがちです。そこで日当たり対策としておすすめの方法は、中庭です。土地に十分な敷地があるなら、建物の中心に中庭を設けるだけで直射日光を取り込めます。
中庭を設けるほどの敷地がないなら、天窓も有効です。平屋の屋根をこう配屋根にして天窓を付けるだけで、自然と太陽光が室内に入ってきます。
開閉できるタイプの天窓なら、風通しの対策にもなるので夏の暑さをしのぐためにも効果的です。その他の対策方法としておすすめなのは、トップライトをつけるのも良いでしょう。ただし平屋の天井にトップライトを取り付けて室内を明るくすると、室内の温度が上昇します。
寒い冬場なら温度が上昇しても気になりませんが、夏の場合は室内が暑くなる原因になりかねません。トップライを取り付けて平屋の室内の明るさを確保するなら、夏の暑さ対策も入念に行ったうえで取り入れるようにしましょう。

平屋に屋根裏部屋を設けるメリットと注意点

平屋には様々な魅力がありますが、屋根裏部屋を設けるとより快適な生活空間を作ることが可能です。一般的に屋根裏はデッドスペースとして放置されていますが、そこを居室にすれば収納部屋・子供部屋・趣味の部屋・仕事部屋・寝室など様々な用途に活用できます。
加えて、屋根裏のスペースは熱がこもりやすい傾向がありますが、屋根裏に窓を設置することで余計な熱を排出できるというメリットもあります。
ただし、平屋に屋根裏部屋を設ける際は屋根に勾配に注意しなければなりません。屋根の勾配が緩やかだと十分な天井高が確保できないため、居室に活用するのは難しくなります。
天井高が低い場合、基本的には小屋裏収納やロフトとして活用することになるため、活用方法の選択肢は狭まってしまいます。
一方で、急勾配の屋根にすれば天井高は自然と確保されるので、居室に活用できる屋根裏にすることが可能です。
また、屋根裏は太陽光の熱により夏場は非常に暑くなるので、夏でも快適な空間にするためには断熱対策をしっかりと施しておくことが大切です。

平屋を建てるなら水害のリスクが小さい土地を選ぼう

平屋は建物の重心が低いため地震や風に強いというメリットがありますが、水害が発生した際に二階に避難できないという側面があります。
河川の氾濫や内水氾濫などが発生した場合に逃げ場を失ってしまう可能性もあるので、平屋を建てる際はハザードマップを確認して少しでもリスクが小さい土地を選ぶことが大切です。
国土交通省や各自治体がインターネット上などで公開しているハザードマップには何種類かありますが、水害発生時の浸水リスクが確認できるのは洪水ハザードマップです。洪水ハザードマップは主に河川の氾濫を想定したもので、想定される最大規模の水深が確認できます。
浸水リスクがどの程度あるのかが分かりやすく色分けされているので、平屋を建てる土地を選ぶ際の参考にすると良いでしょう。
なお、内水氾濫のリスクについては、内水ハザードマップで確認することが可能です。また、河川の氾濫や内水氾濫だけでなく地震や土砂災害、津波などが発生した際のリスクについてもチェックしながら土地を選ぶことが大切です。

平屋の断熱対策のコツやより温かい家にするためのポイント

最近は、平屋の家を建てたい人が多くなっていますが、周りに2階建ての家がある場所などでは日当たりがある程度確保で来ていても日中あまり温かくない、このように感じる人も多いのではないでしょうか。
例えば、2階建ての家に住んでいるとき、日中は1階のリビングルームよりも2階の部屋の方が暖かいなど、日当たりが良い環境でも1階の部屋に太陽の光が十分届かないケースが多いわけです。
広い土地に平屋を造る場合は別にしても、都会の中や市街地などに建設するとなると冬場の寒さは心配になりがちです。
こんなときは、平屋の断熱対策を考えることをおすすめします。温かい家にするためには、壁および床には高性能な断熱材を使用する事、窓にはペアガラスを採用したり樹脂製サッシなどを使うことで高断熱高気密の家づくりを実現してくれます。
断熱対策を行うだけでも温かい空間にすることはできるけれども、これに加えて床暖房を取り入れることで足元からじんわりと温める効果を期待できますし、シーリングファンもしくはサーキュレーターを使い暖かい空気を循環させる方法もおすすめです。

平屋だと本当に景色は悪くなってしまうのか?

平屋にすると景色の良さを感じることができなくなってしまうと不安に感じている方が意外に多いですが、窓を広々とさせて外の様子をしっかりと一望することができるようになるメリットがありますし、少し高台の場所に建設することでマンションやビルの影響で夜景が見えない状態を防ぐこともできるので、意外と快適で住みやすさを感じられる非常に素晴らしい住まいの形として人気が高いです。
その他、平屋の一番の魅力に関しては、何と言っても家全体の空気の入れ替えがスムーズに行えることでしょう。
1階しか存在していないのでリビングの窓を開けることで風の通りが一気に良くなりますし、無駄な仕切りなどもないので家族みんなの様子をしっかりと確認して安全に暮らすことができるようになります。
また、全ての部屋に満遍なく光が差し込む構造にすることも可能なので、日当たりの良さを感じたり家全体が明るい雰囲気になってストレスを溜めない暮らしもしやすくなるのです。

平屋の家なら個室が作りやすくて快適な生活が可能

どんな家が最も理想かによっても大分違ってきますが、家族みんなが常に顔合わせができるようなコミュニケーションの 絶えない家にしていきたいと希望している場合、無駄な仕切りや階によって分かれていない快適な生活が送れる平屋を選択するのが最も良いと言えるでしょう。
また、平屋にすることで得られるメリットには実に様々あるので詳しく紹介していきます。
まず、平屋の最大の魅力としては、広いスペースを十分に活かした作りにしていけるので、個室を何部屋も作りやすい点です。
必要ない場合は壁をぶち抜くだけで仕切りを取っ払って広い部屋に変えることもできるのが魅力なので、風通しが良くて広々とした個室が欲しい場合には最適と言えます。
それと、地震が起こっても強い揺れを引き起こす可能性が少ないので、耐震性に優れていて家族の安全を守りやすいところも非常に良いメリットと言えるでしょう。
防音性を高くすれば隣の声が聞き漏れてくることもないので、興味を持たれた方はぜひ平屋を選択してみてください。

平屋は、屋内が暗くなりがちだから、しっかりとした照度の照明が必要です。

平屋は、屋内が暗くなりがちだから、しっかりとした照度の照明が必要です。
二階建てや三階建ては、玄関から居室に至るまでの廊下に加えて階段スペースもあるので外からの光を確保しやすい特長があり、光が確保できると言う事は開口部が複数あるので屋内の湿気や生活臭を排出する風通りも確保できると言う事です。
しかし、平屋は、一階のワンフロアーに居室や水回りなど全てのスペースが集約されている一方で、長い廊下や無駄に広いホールはされがちでありどうしても屋内が暗くなりがちです。
その為、平屋を建築する際には、二階建てや三階建てに比べて照度のしっかりとした照明器具を選ぶ必要があり、地震の揺れに強い天井に埋め込み式となるダウンライトを数多く設置する施主が多くいます。
また、居室を照らす器具が多いと掃除が大変なので天井を勾配天井にしてトップライトを設置して採光率を高める施主も多く、平屋を建築する際には光に対する工夫が必要となります。

平屋建ての家に屋上テラスを作るメリットとは

平屋建ての家に屋上テラスを付けることで、アウトドアリビングとして活用でき、平屋部分と同じくらいの広さがあるのでリラックスして過ごすことができます。
青空のもとで開放感がありながらプライベート性も高く、眺望を楽しんだりと充実したおうち時間が過ごせます。
庭や中庭だと子どもやペットが、目を離した隙に道路に飛び出してしまう危険性もありますが、屋上テラスであれば壁やフェンスで囲まれているので安心して遊ばせることができます。
また、子どもが転んでも怪我をしにくく、ペットの足にも負担がかからない人工芝を敷くこともおすすめです。
バーべキューなど料理を行う際は、煙が隣家に行ってしまう可能性が少なく、ガーデニングや家庭菜園では、車の排気ガスによる影響を避けることができ、虫が寄って来ないというメリットもあります。
花や植木・野菜や果物へのいたずらや盗難といった外的被害からも防ぐことができます。
ワンフロアだった生活スペースを上に広げることで、多目的に使えるため、家族が一緒になって楽しめる時間を増やせます。

平屋住宅は間取りを工夫すればバリアフリー設計になる

平屋住宅は二階がないため、バリアフリー設計にしやすく間取りを高齢者が過ごしやすい廊下の幅や部屋の広さにします。
土地面積が広ければ、平屋でも二世帯で暮らすことは可能ですし、バリアフリー住宅なら高齢の親も安心できます。
注文住宅の場合は、予想以上に費用がかかる可能性がありますが、平屋住宅はメンテナンスコストを抑えてカバーします。
例えば、二階建て以上の家は、外壁塗装や屋根修理で足場を組み、メンテナンスコストがかかります。
それに対して、平屋住宅は家の修理のほとんどを比較的簡単に行う事ができます。
建築費がある程度かかったとしても、その後の維持費は二階建て以上の住宅よりも安く抑えられます。
玄関を入ってすぐに水回りの設備をまとめる事で、脱衣所で着替えてすぐにお風呂に入る事ができたり、洗濯も楽になります。
家事動線の工夫もしやすいため、若い世代にも人気の住宅となっています。
昔は小さな家と言う印象を持つ方も多かったですが、間取りを工夫すれば広さを感じる快適な住まいに変わります。

平屋に関するお役立ち情報

平屋 富山

新着情報

◎2023/10/24

情報を更新しました。
>平屋だと本当に景色は悪くなってしまうのか?
>平屋の家なら個室が作りやすくて快適な生活が可能
>平屋は、屋内が暗くなりがちだから、しっかりとした照度の照明が必要です。
>平屋建ての家に屋上テラスを作るメリットとは
>平屋住宅は間取りを工夫すればバリアフリー設計になる

◎2022/12/21

情報を更新しました。
>平屋に住む家族の生命や財産を安全に守るための防犯対策
>室内が明るい平屋を作るためにできる日当たりの確保方法
>平屋に屋根裏部屋を設けるメリットと注意点
>平屋を建てるなら水害のリスクが小さい土地を選ぼう
>平屋の断熱対策のコツやより温かい家にするためのポイント

◎2022/2/8

情報を追加しました。


>平屋住宅は引っ越しがはかどりやすい構造です
>趣味や好みを大切にして平屋を建てることができる
>平屋には安全に感じることや便利な作業ができるメリットがあります
>バリアフリーがいいなら平屋にするのがおすすめです
>田舎によくある平屋ならではの特徴と魅力とは

◎2021/8/18

平屋の建築期間
の情報を更新しました。

◎2021/6/22

屋根付きウッドデッキ
の情報を更新しました。

◎2021/4/28

サイト公開しました

6人え、!?話聞いてました!? 納戸もバルコニーも普段はそんなに立ち入らないんですけどwwww 東京は土地高いですよwwww 新築マンションなんかは軒並み1億超えですしwww 田舎は土地安いのになんで壁にソーラー蓄電池剥き出しなんですかねwww ワロタ😂👏

【東京の住宅価格の上昇幅は世界1位、家庭の9.7年の収入でしか買えない】東京と大阪の4月までの新築住宅価格の上昇幅は世界15の主要都市の中でトップだった。東京23区では、新築住宅価格が平均世帯年収の9.7倍に達した。しかし、東京の住宅価格は北京、上海、台北など世界の主要都市よりも安い……

カタログギフト 人気No.1シリーズ プレミアムカタログギフト (VOO アスペルジュ) あす楽 内祝い 結婚内祝い 快気祝い 記念品 新築内祝い 粗品 入学内祝い 結婚 出産 内祝い お礼 引出物 出産 おすすめ ブランド グルメ 体験 お得 安い 高割引

経験者として新築建売仲介手数料無料というセコ技でのビジネスモデルは、圧倒的に固定費を下げなければ成立しない。特に単価が安い地方では、、、 だから絶対FCに加盟している大手は出来ないハズと思い込んでいた。最近じゃTVCMをやる規模のFC店が新築建売仲介手数料無料をはじめたw…

-->